バリアフリーに関するブログ

Just another WordPress site

未分類

玄関までバリアフリーにするのはいかがなものか?

段差のないバリアフリーの住宅は、とても魅力的なものです。しかし、玄関だけは多少の段差があった方がいいと思います。なぜなら、家の外からのチリやホコリなどの汚れがダイレクトに入ってくるようになるからです。

うちの実家がまさにそうなのですけれど、祖母の介護のこともあって住宅をバリアフリー住宅に大規模リフォームしたのです。その際に、玄関にしても車椅子でそのまま入れるようにと、段差の無い玄関にしたのですけれど、これが結構厄介で…。

確かに祖母の車椅子はそのまんま祖母の部屋へと入れられるので便利ですよ。しかしその祖母も今はいないわけですから、この大規模なリフォーム工事後に誕生したバリアフリー住宅の玄関は「外のゴミをそのまま入れてしまう玄関」となってしまっていますので。

なので毎日の日課のようにうちの母が箒で玄関付近のゴミを履いていて、「なんか大変だなー」と思ってしまいました。ですからバリアフリー住宅を作るにしても、玄関は段差があった方がいいと思います。もしくは玄関の一部のみバリアフリーにするといった方法がいいと思うのですよね。

LEAVE A RESPONSE

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You Might Also Like