バリアフリーに関するブログ

Just another WordPress site

未分類

バリアフリーにして良くないと思った点

世間的には家の中は完全にバリアフリーにした方が良いという風潮です。
確かにバリアフリーにした方が良い面があるのは確かです。

ですが、家の中を単純にすべてバリアフリーにして床をフラットにした方が良いとは言い切れないです。なぜなら、ある程度家の床も凹凸があった方が家の中を移動している時でも足腰を鍛える事になるからです。

確かにその程度の運動がどれだけ足腰を鍛える事になるかというのはあります。
ですが、少なくとも家の中の移動でも床がすべてフラットになっているよりは鍛える事はできます。

またそれぐらいが高齢者の足腰を鍛えるのにはちょうど良いというのはあります。
それ以上の事は高齢の人にとっては運動をやるのもしんどいのでバリアフリーでない
家の中を移動するだけでも足腰を鍛える事になるので意味はあります。

なので単純に家の中の安全だけ考えてバリアフリーにする事はないです。
実際に我が家はバリアフリーにしたせいで祖父の足腰が一層弱ったように感じたので
その点は良くないと思いました。

LEAVE A RESPONSE

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You Might Also Like